ウルトラセル

適用の症状

こんな方にお勧めです。
  • 疲れた印象が気になる
    なんとなく疲れた印象といったお悩みにうってつけ。全体的にたるみをケアすることで元気なお顔を取り戻します。
  • フェイスラインがすっきりしない
    どことなくフェイスラインがすっきりしないのは、年齢を重ねることで全体的にたるみが進んできた証拠です。
  • ほうれい線が気になる
    ほうれい線の主な原因はたるみです。深い層から浅い層までトータルにたるみケアをすることで、ほうれい線がすっきりとして、お顔の印象が変わります。また、将来深く刻まれたほうれい線になるのを防ぐ効果もあります。
  • 目が小さくなった気がする
    年齢を重ねると、ひたいから目周りにかけての皮膚もたるんできます。その影響で目が小さく見えることも多々。ウルトラセルによってまぶたの表面の皮膚を引き締めることによって、ぱっちりとしたお目元に導きます。

施術可能部位

部位
※クリックで症例写真のページにリンクします
  • 1 頬全体
  • 2 口周り
  • 3 フェイスライン
  • 4 顎下
  • ひたい
  • まぶた

症例写真

当院のウルトラセルのこだわり

気になるワードのお役立ちコラムはこちら

症状別
施術別

ウルトラセルについて

高周波(RF)と高密度焦点式超音波(HIFU)を用いて、表皮、真皮、皮下組織と言った全ての皮膚層と、脂肪層、SMAS筋膜に熱影響を与え、お肌を傷つけることなくシワ、たるみを改善させる最新治療機器のことです。


皮膚には元来、自然治癒能力が備わっています。熱によるダメージを受けて収縮したコラーゲンは、修復の過程で新しいコラーゲンを生成します。

 

コラーゲンの生成能力がアップすることで緩んだ肌は元気を取り戻し、シワ・たるみ改善効果を得ることができるのです。

 

ウルトラセルは、その原理を利用してお顔全体をリフトアップさせる治療です。

 

 

 

ウルトラセルには3つの機能が備わっています。

ウルトラセルには、FUS、GFR、SRRという3つの機能が備わっています。


それぞれ治療効果をもたらす深さと熱反応の起こし方が違います。

 

すべての層にアプローチしたい方、部分的に治療したい方など、ご希望によって3つの組み合わせを変えています。

 

 

 

 

FUSとは

高密度焦点式調音波(HIFU)を用いた治療のことです。

 

HIFUはHigh Intensity Focused Ultrasoundの略で、通称“ハイフ”と呼ばれています。

 

これは、超音波を1点に集めて高いエネルギーを作る方法です。

 

この技術は元々がん治療のために発達したもので、現在では前立腺がん治療や結石治療などの様々な医療現場で使用されています。

 

超音波が集まったその1点だけに熱変化を起こすため、皮膚表面や周囲には影響がありません。

 

そのため、従来のたるみ治療に比べて高い熱エネルギーを与えることができます。

 

さらに、超音波の焦点は深さが変えられるため、従来のたるみ治療気では到達することが難しかった筋膜層(SMAS)という深い部分にアプローチすることができます。

 

この深さは、従来フェイスリフトの治療をするときにアプローチする層なので、HIFUの技術を利用したこの治療は【切らないフェイスリフト】と呼ばれています。

 

 

GFRとは

高密度焦点式調音波(HIFU)を用いた治療のことです。HIFUはHigh Intensity Focused Ultrasoundの略で、通称“ハイフ”と呼ばれています。

 

これは、超音波を1点に集めて高いエネルギーを作る方法です。この技術は元々がん治療のために発達したもので、現在では前立腺がん治療や結石治療などの様々な医療現場で使用されています。

 

超音波が集まったその1点だけに熱変化を起こすため、皮膚表面や周囲には影響がありません。

 

そのため、従来のたるみ治療に比べて高い熱エネルギーを与えることができます。

 

さらに、超音波の焦点は深さが変えられるため、従来のたるみ治療気では到達することが難しかった筋膜層(SMAS)という深い部分にアプローチすることができます。

 

この深さは、従来フェイスリフトの治療をするときにアプローチする層なので、HIFUの技術を利用したこの治療は【切らないフェイスリフト】と呼ばれています。

 

 

SRRとは

SRRは高周波(RF)と呼ばれる方法で熱反応を起こしていく治療方法です。

 

方式はGFRと同じですが、ターゲットとする深さが違います。表皮から真皮上層がメインのターゲットとなるので、目元の小ジワ、毛穴の引き締め、肌のハリを実感することができます。

 

SRRの熱作用はコラーゲンのリモデリングを誘導しターンオーバーを促進させます。

 

SRRはニードルタイプとノンニードルタイプの2つの電極があります。ニードルタイプは、名前の通り先端が針になっていて、皮膚の内部にダイレクトに熱反応を伝える治療が可能です。

 

そのため、ひどいニキビ跡の方や首元の刻まれたシワ、毛穴が非常に目立つ方にはお勧めです。

 

ノンニードルタイプは、先端が鋭利な針にはなっていません。皮膚の薄い繊細な部分にも治療を行うことができるため、まぶたにも使用することができます。

 

 

お得なセット治療

ウルトラセルの最大の特徴は、筋膜層・脂肪層・真皮層・表皮と、すべての層に1つの機械でアプローチできる点です。

 

すべてのレベルでタイトニングを行うことで、より一層の引き締まり感を実感してただけます。

 

そのため、当院ではお得なセットメニューをご用意しています。

 

FUS+GFR+SRR(ノンニードル) 3種類すべてを使用したトータルタイトン二ング治療

FUS+GFR            2種類を使用した、深部を中心としたタイトニング治療

 

 

 

 

治療開始から終了までの流れ

施術前に気をつけておくこと

特にございません。お気軽な気持ちでご来院ください。

 

お化粧はされていても問題ございません。当院で洗顔スペースをご用意してございます。

 

他院様で外科的なタイトニング治療をされたことのある方、金の糸、フェイスリフトなどをされたことのある方は、必ずその旨カウンセリング時にお申し出ください。

 

また、ボトックスやヒアルロン酸注入といった治療をされた直後ですと、ウルトラセルの熱刺激によって治療効果に影響を及ぼす可能性があります。そちらも合わせてお申し出ください。

 

 

 

所要時間・治療時間の長さ

治療時間は、3種類のときは2時間、2種類のときは1時間30分頂戴しております。

 

*初めてのご来院の方、初めてウルトラセルによるタイトニング治療を受けられる方、ならびにモニター希望の方の場合は更にお時間を頂戴致します。

 

*院内の混雑状況、カウンセリングの長さにより、予想よりもお時間がかかる場合がございます。お時間に余裕のあるお日にちでのご予約をお勧めします。

 

 

ダウンタイムはありません

ウルトラセル(FUS、GFR、SRR)の治療をした直後は、基本的には跡は残りません。

 

熱刺激を与える治療のため、全体的なほてり感とそれに伴う赤みが残ります。

 

赤みは通常は2時間程度経過すれば落ち着きます。

 

中には赤みが2~3日程度残る方もいらっしゃいます。

 

直後にお化粧直しをしていただけます。

 

 

 

効果の最大持続期間は約1年

FUS,GFR,SRRはそれぞれターゲットとしている層や効果の出し方が違います。そのため施術によって治療の効果の持続期間が違います。

 

3種類の治療のうち、最も持続効果が長いのはFUS(HIFU:ハイフ)。

 

通常半年から一年程度は効果が持続します。

 

 

 

 

半年毎に定期メンテナンスがお勧め

たるみは、進行してしまうとナチュラルさを保ちながら治療することが非常に難しくなります。

 

若々しい印象のまま年齢を重ねるためには、予防的にたるみ治療をしていくことが大変重要です。

 

そのため、半年から1年に1度、ウルトラセルを使用してしっかりとしたたるみ治療を行うことを推奨しています。

 

ご予約はこちらからどうぞ
03-6400-5511
初診のご予約
再診のご予約

★インターネットからのご予約の場合、2営業日以内に返信させていただきます。
★万が一当院からの返信メールがない場合、メールアドレスのエラーの可能性がございます。

その際にはお電話によるご連絡をいただけますようお願い致します。

地図・アクセスはこちら

〒106-0045
東京都港区麻布十番2-14-11
ルート麻布ビル6階

お気軽にお電話ください
  • 初診のご予約
  • 再診のご予約
人気メニューランキング

当院で人気の施術ランキングをご紹介しています。ぜひご参考に!

症例写真

撮影にご協力いただけた方々の実際の症例写真をご紹介しています。

メディカル化粧品・医薬品

医師が厳選したアイテムのご紹介。クリニックで購入可能です。

モニター募集

人気の施術をモニター価格で体感していただけます。

看護師・受付 募集中

ご興味のある方はお電話またはお問合せフォームより、お気軽にご連絡ください。

  • Blog
TOPへ戻る