HIFUとタイタンはどう違う?機械によるたるみ治療

2021/08/24
  • HIFUウルトラフォーマ―Ⅲ
  • 頬のたるみ・ほうれい線・マリオネットライン
  • 小顔になりたい
  • 男性のたるみ
年々気になるたるみのお悩み・・・。でもフェイスリフト手術や糸による施術には抵抗が。
そのような方はダウンタイムの心配がいらない機械によるリフトアップ治療がおすすめ。
こちらのコラムでは、機械によるたるみ治療について詳しく解説します。
梶原朋恵

 

皮膚科出身であり、長年皮膚科医として多くの患者様を治療してきた。保険診療の治療を行う中で、美容医療についての質問を受ける機会も多く、美容皮膚科について学んでいく中で美容皮膚科の可能性を感じ、多くの患者様のお悩みを解決できる幅が広がった。

 

レーザーを中心とした美肌治療を専門としていたが、当院ではボトックス、ヒアルロン酸などの注入治療を中心にさらに治療の幅を広げ、現在では指名も多く院長の加藤医師も注入治療の実力を認めるドクターの一人。

年齢による悩みの変化

20代は、目を大きくしたい、鼻を高くしたい、小顔にしたいなどの要望が多いのですが、

30代になると、しみや、笑いじわなどの部分的な悩みが出始め、

そして40代以降はたるみとの戦い!と言えると思います。

40代は自分の顔に慣れ親しみ、変化したいというより、現状維持したい、少しでも若く見られたいという欲望に変わるのかもしれません。

たるみ治療の代表格?

さて、このたるみ治療ですが、以前は「フェイスリフト」という手術しか方法がありませんでした。

 

ただ、傷跡ができる、ダウンタイムが長いなどで、最近はもっぱら糸や機械でのたるみ治療をご希望される方が多くなっているようです。

 

昔は、機械のたるみ治療?たいして効かないのでは・・・というドクターも多くいらっしゃいましたが、最近では手術も得意な形成外科のドクターもこの「機械によるたるみ治療」の実力を認め施術されています。

  

当院は、ボトックスが最も人気の治療で、ボトックスを希望される患者さまが多く、さらにヒアルロン酸を中心とした注入専門クリニックではありますが、やはり注入だけではなく、それらを組み合わせたほうが、仕上がりが綺麗ですし、長い目でみて将来的にいい状態がキープできますので、たくさんの機械を当院でも導入しております。

 

今回は、この「たるみ治療」について当院の機械をご紹介します。

麻布ビューティクリニックの機械によるたるみ治療

当院では、機械によるたるみ治療はタイタンとHIFU(ハイフ)(ウルトラフォーマーⅢ)が代表的です。

表面的に肌をもちっとさせ、きゅっと少し引き締めたい方→タイタン+ジェネシス

法令線や口元、フェースラインのもたつきを少しずつ改善したい方→HIFU(ハイフ)

(診察時に皆様が指で皮膚を上に引っ張って、こんな感じにしたいと言われますが、残念ながらそこまでは難しいです。手術なら可能かもしれませんが。)

このようなイメージで、お悩みやご希望の仕上がりによっておすすめする治療内容が異なります。

 

タイタンとハイフはどちらも熱によるコラーゲン新生を促しますが、熱が届く層と、加わり方が大きく異なります。

それでは、それぞれの治療の違いをもう少し詳しくご説明します。

 

①「Titan XL」(タイタン)

この機械は当院が初めて導入したたるみ治療機です。

本当に沢山のファンがいて、多くの方が今まで施術されています。

 

タイタンは、近赤外線領域(1100~1800nm)の光を発光し、1~3mmの深さにある皮膚の水分に吸収させ、皮膚を持続的に加熱します。

この持続的な皮膚加熱により、真皮の熱傷に対する遅延反応としてよく知られている新規コラーゲン形成のほか、コラーゲン収縮を即時に生じます。(簡単にいうと、微小な軽いやけどのようなことを起こし、その傷を治す過程のコラーゲン形成を利用するということです。)

 

基本的にどのたるみ治療も、キーワードは「熱」です。

光なのか、高周波なのか、超音波なのかなど、様々な手段を用いて、熱を加えるわけです。

その加え方、深さ、パワーなどが機械によって異なるのです。

  

ダウンタイムはほとんどなく、施術中もさほど痛みはありませんので、ます初心者がうけやすい治療だと思います。

HIFUに比べると熱の与え方もマイルドなので、表面的な自然なたるみ改善。組織を痛めることなく肌をもちっとさせるイメージです。

 

また、当院ではタイタンと組み合わせてジェネシスというレーザーも一緒に行うことを推奨しています。

ジェネシスはタイタンよりも浅い層に熱を加えるレーザーです。

この二つを併用することにより、より肌の弾力をだしつつたるみを予防、ということが実現できます。

ご料金はタイタン+ジェネシスのセットで33,000円(税込)と、トライしやすい価格となっております。

個人的には2-3か月に一度は行ってほしい治療です。

②HIFU(ハイフ)

さて、次はタルミ治療の救世主「HIFU(ハイフ)」についてです。

HIFU(高密度焦点式超音波治療)の機械はたくさんありますが、当院では「ウルトラフォーマーⅢ」を採用しております。HIFUの出現により、機械によるたるみ治療が格段に進歩したと思っております。

 

まず、HIFUとは高密度焦点式超音波のことで、表皮、真皮、皮下組織と言った全ての皮膚層と、脂肪層、SMAS筋膜に熱影響を与え、お肌を傷つけることなくシワ、たるみを改善させる最新の治療のことです。

 

HIFUで代表的な機種は「ウルセラ」です。現在は40~50万程度まで施術料が落ちてきましたが、一時は60~70万ほどの施術料でした。それでもやりたい方が沢山いらしたくらい素晴らしい治療です。

ただ、自分がその価格で施術を定期的に受けられるか?と考えると、やはりもう少し手ごろな価格のものを継続的に受けたい・・・。

(老化は止まってくれないので、どんな治療も継続が必要です。)

 

ということで、数年前に出たのが「ウルトラフォーマーⅢ」です。

これは、ウルセラと同じ原理のHIFUが低コストで受けられ、かつ痛みもかなり改善された優れものです。

 

この治療については、詳細ページをご覧ください。

 

HIFUの原理

HIFUの原理を用いたものは先ほどから記載している「ウルセラ」というものが最も有名です。欠点は、施術代がとても高額だったことです。

ウルトラフォーマー3は、2.0mm、3.0mm、4.5mm、6mmと異なる深さに熱を加えて、表層、脂肪層、SMASと言われる筋膜層へ熱を加えて引き締めます。
このSMAS層はフェイリフト手術を行う際にも最も重要な層になります。
また、脂肪層に熱が加わることで、脂肪層の減少効果も狙え、小顔効果も出現します。

なので、たるみはまだ少ないが、脂肪のボリュームを減らしたいという希望にも脂肪溶解注射などと併用して施術可能です。

 

このHIFUの治療は、深い層まで熱を加える治療に関しては最低でも年に半年に1回の施術がおすすめです。


たるみが軽度のうちに行うことで皮膚、組織を支え、年と取ることでゆるんで下垂の原因となる「靭帯」という組織をしっかりとキープすることができるのです。

個人的には3ヶ月〜半年に1度の施術が理想です。


当院では、スタッフみんなに行ってほしいので、スタッフのお誕生日にウルトラフォーマーⅢの全顔照射をプレゼントしています。

この施術を行うと、お顔が一回り小さくなり、皆大満足の施術です。
 


スキンケアの施術は最初はお悩みの多いしみなどの色むら治療から入りますが、同時に、このたるみ治療やお肌のリジュビネーション(若返り)治療を注射と併用することが、自然なアンチエイジングの基本だと思っております。

是非、一度試してみてくださいませ。

ご予約はこちらからどうぞ
03-6400-5511
初診のご予約
再診のご予約

★インターネットからのご予約の場合、2営業日以内に返信させていただきます。
★万が一当院からの返信メールがない場合、メールアドレスのエラーの可能性がございます。

その際にはお電話によるご連絡をいただけますようお願い致します。

この症例の関連メニューについて詳しくはこちら

症状別
施術別

気になるワードのコラムはこちら

症状別
施術別
地図・アクセスはこちら

〒106-0045
東京都港区麻布十番2-14-11
ルート麻布ビル5階

お気軽にお電話ください
  • 初診のご予約
  • 再診のご予約
人気メニューランキング

当院で人気の施術ランキングをご紹介しています。ぜひご参考に!

症例写真

撮影にご協力いただけた方々の実際の症例写真をご紹介しています。

メディカル化粧品・医薬品

医師が厳選したアイテムのご紹介。クリニックで購入可能です。

モニター募集

人気の施術をモニター価格で体感していただけます。

  • Blog
  • Facebook
  • LINE
  • instagram
TOPへ戻る